八重岳(読み)やえだけ

世界大百科事典 第2版の解説

鹿児島県屋久島の中央山岳地帯をいう。熊毛郡屋久町,上屋久町にまたがり,九州の最高峰宮之浦岳(1935m)をはじめ,永田岳(1886m),黒味岳(1831m),投石(なげし)岳(1830m),(おんな)岳(1826m)など高峰が集中しており,前3者を奥岳または三岳(みたけ)ともいうが,その他も含めて八重岳と称する。また〈洋上アルプス〉の異名もある。温暖な大隅諸島に属するが,高度に従って低温となる。標高1500mくらいまでが屋久杉を含む針葉樹林帯であるが,より高くなると樹齢を重ねて萎縮し白骨化した萎縮針葉樹の森林となり,さらに1800m以上になると一面にヤクザサが茂り,ところどころにヤクシマシャクナゲ,アセビ,ビャクシンなどが小灌木状に混在するヤクザサ帯となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八重岳の関連情報