コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公労協 こうろうきょう

百科事典マイペディアの解説

公労協【こうろうきょう】

正称は公共企業体等労働組合協議会。いわゆる三公社五現業の労働組合が,1953年のベースアップ闘争を契機に結成。いずれも総評(日本労働組合総評議会)加盟の9組合で構成され,かつて日本官公庁労働組合協議会の中心勢力であった。
→関連項目春闘全国電気通信労働組合全逓信労働組合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうろうきょう【公労協】

国営企業体等労働組合協議会の通称。国営企業労働関係法(国労法)の適用下にある労働組合のうち,旧総評(1989年解散)に加盟する,全逓,全林野,全印刷,全造幣の4労組とオブザーバー加盟の政労連(政府関係法人労働組合連合)で結成している協議会。前身の公共企業体等労働組合協議会は1953年に結成され,公共企業体等労働関係法(公労法)が適用された,国労,全逓,全電通,全林野,動労,全専売,全印刷,全造幣,アル専の9組合が加わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公労協
こうろうきょう

公共企業体等労働組合協議会」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公労協
こうろうきょう

1953年(昭和28)三公社五現業関係労組によって結成された公共企業体等労働組合協議会、およびその後身である国営企業等労働組合協議会の略称。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の公労協の言及

【労働運動】より

…こうした勢力の台頭にともなって,春闘においても67年には〈JC春闘〉という呼声が聞かれるようになり,ストなしで妥結する鉄の〈一発回答〉によって春闘相場が領導される傾向がみえはじめた。 これに対して,総評運動のなかでは,1960年代半ば以降,国労,動労,全逓など公労協傘下の単産を中心として,職場に根をすえた運動づくりによって戦闘力の回復が進められていった。国労では,〈職場に労働運動を〉というスローガンのもとに職場交渉権の獲得を目ざす運動が進められていった結果,60年代末には事実上団体交渉の場としての性格をもつ現場協議制が成立するにいたった。…

※「公労協」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公労協の関連キーワード国鉄動力車労働組合国鉄労働組合四・一七スト三木武夫内閣二・一スト二・一スト聴濤 克巳浜西 鉄雄富塚三夫権利闘争

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android