コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺社本所領 じしゃほんじょりょう

2件 の用語解説(寺社本所領の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じしゃほんじょりょう【寺社本所領】

南北朝期になって室町幕府により使用され定着する法律用語。武家領に対置される寺社領・本所領の荘園・国衙領を指す。この場合の本所領は具体的には天皇家・摂関家等の公家領のことであるが,本来は寺社領をも包含して使用された用語である。鎌倉幕府法の用例をみても,鎌倉中期までは〈地頭御家人本所領家一円地の住人等〉とあるように,本所領家一円地の中には当然寺社領が含まれていると考えられる。この用法が変化し,本所領と寺社領を区別するようになるのは,1288年(正応1)の幕府法に〈地頭御家人幷寺社領本所一円地輩〉とみえるころからであり,以後,建武新政府の法においても,室町幕府法においても区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺社本所領
じしゃほんじょりょう

南北朝期から室町期において、寺社または本所を領主とする荘園・公領のこと。南北朝時代以降の室町幕府法には武家領に対置する用語として「寺社本所領」が多くみられるようになる。これは守護や地頭御家人による荘園侵略が激しくなるなかで寺社領や公家(くげ)領を保護しようとする動きとかかわっている。半済(はんぜい)施行に際して禁裏(きんり)御料、仙洞御料所(せんとうごりょうしょ)や殿下渡領(でんかのわたりりょう)、寺社一円仏神領(じしゃいちえんぶっしんりょう)等が免除を受けたのに対して、他の本所領や非一円的な寺社領には半済が施行されており、寺社本所領の保護といっても対象によって軽重があった。応仁・文明の乱以降、畿内(きない)の膝下(しっか)荘園はなお温存されたが、ほとんどの寺社本所領荘園は姿を消していった。[福田榮次郎]
『永原慶二著『日本中世社会構造の研究』(1973・岩波書店) ▽島田次郎著『日本中世の領主制と村落 上』(1985・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺社本所領の関連キーワード打渡状地奉行戦国時代頭人南北朝太田時連北畠顕泰吉見氏頼頼憲頼勝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone