出版契約(読み)シュッパンケイヤク

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっぱんけいやく【出版契約】

書籍の出版に関して,著作権者と出版者との間で締結する契約で,出版者が著作権者から著作物を複製し頒布する権利を取得すると同時に,著作物を複製し頒布する義務を負うもの。出版契約について,日本には法律上の規定はなく,その締結はもっぱら当事者の自由にゆだねられているが,法律上の規定をもっている国を含め,前述のような出版契約の概念は国際的にも共通なものと考えられる。書籍以外の新聞・雑誌等への寄稿契約,出版者が複製・頒布義務を負わなくてよい著作権譲渡契約,委託出版契約などは,出版を対象とする契約であっても出版契約には含めない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅっぱんけいやく【出版契約】

著作物の出版に関し、著作権者はその使用を許諾して原稿をひき渡す義務を負い、出版者は原稿を忠実に複製して出版する義務を負う契約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出版契約
しゅっぱんけいやく
publication contract

著作権者と出版者との間の著作物を適法に出版するための契約をいう。これには出版許諾契約と出版権設定契約の2種がある。前者は、著作権者(著作権の内容の一部である複製権を譲り受けた者を含む)が出版者に対して出版を許諾し、他方、出版者は自己の計算において複製・頒布する義務を負う諾成・不要式の債権契約をいい、後者は、著作権者と出版者との間の出版権の設定を目的とする準物権契約をいう。両者は出版の形式が書籍であるか雑誌のごとき定期刊行物であるかによって使い分けがなされるのが一般である。すなわち、書籍出版の場合は一般に永続的な出版を意図するものであるから、出版者に排他的・独占的な権利を与える出版権設定契約がその主流を占め、出版許諾の例は比較的少ない。もっとも出版契約を口頭で結ぶ例は多いが、この場合でも出版権の設定を意識しているといってよい。これに反し、雑誌出版の場合は一般に1回限りの利用を意図するものであるから、出版者としては独占的な権利を取得する必要はなく、したがって出版許諾契約が締結されたものと解するのが普通のようである。[半田正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅっぱん‐けいやく【出版契約】

〘名〙 著作権者が出版者に作品の出版を一任し、出版者が自己の責任においてその出版の義務を負う契約。広義には、委託出版や自費出版などに関する契約を含めた、出版に関する契約の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出版契約の関連情報