コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出版契約 シュッパンケイヤク

4件 の用語解説(出版契約の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅっぱん‐けいやく【出版契約】

著作権者が出版者に著作物の出版を一任し、出版者がその出版の義務を負う契約。広義には、委託出版・自費出版などを含めた出版に関する契約の総称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっぱんけいやく【出版契約】

書籍の出版に関して,著作権者と出版者との間で締結する契約で,出版者が著作権者から著作物を複製し頒布する権利を取得すると同時に,著作物を複製し頒布する義務を負うもの。出版契約について,日本には法律上の規定はなく,その締結はもっぱら当事者の自由にゆだねられているが,法律上の規定をもっている国を含め,前述のような出版契約の概念は国際的にも共通なものと考えられる。書籍以外の新聞・雑誌等への寄稿契約,出版者が複製・頒布義務を負わなくてよい著作権譲渡契約,委託出版契約などは,出版を対象とする契約であっても出版契約には含めない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅっぱんけいやく【出版契約】

著作物の出版に関し、著作権者はその使用を許諾して原稿をひき渡す義務を負い、出版者は原稿を忠実に複製して出版する義務を負う契約。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出版契約
しゅっぱんけいやく
publication contract

著作権者と出版者との間の著作物を適法に出版するための契約をいう。これには出版許諾契約と出版権設定契約の2種がある。前者は、著作権者(著作権の内容の一部である複製権を譲り受けた者を含む)が出版者に対して出版を許諾し、他方、出版者は自己の計算において複製・頒布する義務を負う諾成・不要式の債権契約をいい、後者は、著作権者と出版者との間の出版権の設定を目的とする準物権契約をいう。両者は出版の形式が書籍であるか雑誌のごとき定期刊行物であるかによって使い分けがなされるのが一般である。すなわち、書籍出版の場合は一般に永続的な出版を意図するものであるから、出版者に排他的・独占的な権利を与える出版権設定契約がその主流を占め、出版許諾の例は比較的少ない。もっとも出版契約を口頭で結ぶ例は多いが、この場合でも出版権の設定を意識しているといってよい。これに反し、雑誌出版の場合は一般に1回限りの利用を意図するものであるから、出版者としては独占的な権利を取得する必要はなく、したがって出版許諾契約が締結されたものと解するのが普通のようである。[半田正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出版契約の関連キーワード電子出版印税検印出版権出版法出版取次秘密出版音楽著作権西谷能雄美作太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出版契約の関連情報