コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分限帳 ぶんげんちょう

6件 の用語解説(分限帳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分限帳
ぶんげんちょう

「ぶげんちょう」とも読む。戦国時代以降,大名が領国内の家臣団成員をその身分,家格別に列挙した名簿。江戸時代にはどの藩も行政,財政上の必要からつくったが,しばしば民間にも写しがつくられ職員録としての役割を果し,幕府中心の武鑑と並んで利用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんげん‐ちょう〔‐チヤウ〕【分限帳】

戦国時代から江戸時代にかけて、将軍や大名が作成した家臣の名簿。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

分限帳【ぶげんちょう】

江戸時代,大名の家臣の名前・知行高・役職などを書き上げた公的な帳面。分限とは本来富・財産を指すが,さらに広げて身分・地位等をも意味する。〈ぶんげんちょう〉とも呼び,侍帳・家中帳・給所帳とも称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶげんちょう【分限帳】

〈ぶんげんちょう〉ともいい,侍帳,家中帳,給所帳とも呼ばれる近世大名の家臣の禄高,役職,名などを記した帳面。分限とは富,財産のことで,さらに身分や地位を意味し,中世においても惣領が庶子に所領の大きさに応じて軍役を割り当てる際に,〈分限に応じ〉というように使われている。分限帳の内容は,作成の目的によって,(1)家臣団の軍事的配属を示す一種の陣立書ともいうべきもの,(2)番方(番方・役方)の家臣については上記の方法で記しながら,これと並列して役方や江戸詰などの家臣の日常行政的配属を別に記したもの,(3)大名が家臣団に役金,米を賦課する際の台帳として作成されたもの,(4)家臣に給所(知行地)を割りつける際の台帳として作成されたもの,などに分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんげんちょう【分限帳】

近世大名の家臣団を対象とし、その一人一人について藩内における地位・格式・知行高・所領の内訳などを詳細に記した一種の人名録。侍帳。
江戸・大坂などの大都市にしばしば流布された富豪の番付。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分限帳
ぶんげんちょう

戦国・織豊(しょくほう)期に大名が作成した家臣団の名簿。家臣の家格や役割などに応じて、その所領や扶持高(ふちだか)などを記したもの。「ぶげんちょう」ともいう。とくに著名なものに、北条氏康(うじやす)が1559年(永禄2)にまとめた小田原衆所領役帳(おだわらしゅうしょりょうやくちょう)がある。そのほか、織田信雄(のぶかつ)分限帳、浮田(うきた)家分限帳、成田(なりた)家分限帳、里見(さとみ)家分限帳、加藤清正侍帳(きよまささむらいちょう)など多数が現存している。しかしそれらのなかには、戦国期の当該地域領主の追慕・顕彰のためや、自家の家格を高めるための由緒書的なものなど、江戸期に偽作されたものも多い。今川家分限帳や鉢形(はちがた)北条家臣分限録などはその代表的なものである。[大久保俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の分限帳の言及

【分限】より

…そこから分限の語は〈身の程〉とか,〈分際〉とかの意味でも使われた。戦国時代以後は武士の分限を記した分限帳が作成されている。なお分限の大なる者を分限者と呼び,商人の分限者は富商,金持ちの代名詞となった。…

【分限帳】より

分限とは富,財産のことで,さらに身分や地位を意味し,中世においても惣領が庶子に所領の大きさに応じて軍役を割り当てる際に,〈分限に応じ〉というように使われている。分限帳の内容は,作成の目的によって,(1)家臣団の軍事的配属を示す一種の陣立書ともいうべきもの,(2)番方(番方・役方)の家臣については上記の方法で記しながら,これと並列して役方や江戸詰などの家臣の日常行政的配属を別に記したもの,(3)大名が家臣団に役金,米を賦課する際の台帳として作成されたもの,(4)家臣に給所(知行地)を割りつける際の台帳として作成されたもの,などに分類される。これらはいずれも必要があって作成された公的な帳簿であり,家臣の身分上の移動に対応するために短冊で張り替えられるようにしたものや,いろは分けになっているものがある。…

※「分限帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分限帳の関連キーワードはんぶんちょうだい秋田県由利本荘市中帳静岡県沼津市浅間町愛知県豊田市三軒町三軒町浅間町秋山文鳥柳文朝(初代)余元澄家中帳

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分限帳の関連情報