コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)込む/斬(り)込む キリコム

デジタル大辞泉の解説

きり‐こ・む【切(り)込む/斬(り)込む】

[動マ五(四)]
刃物で深く切る。「肩先深く―・まれる」
刀を抜いて切って入る。踏み込んで切る。「敵陣に―・む」
深いところまで鋭く入り込む。「議論の核心に―・む」
切って中に入れる。「野菜を―・んで煮る」
切ってはめ込む。
「堅い樫の板を奇麗に―・んだ手際は」〈漱石三四郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切(り)込む/斬(り)込むの関連キーワードヒゴスミレ(肥後菫)イワセントウソウセンジュガンピキツネノマゴ科アンデルシュヤマモガシ科コトヒキベルビルクジメウリ科

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android