コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)開く キリヒラク

デジタル大辞泉の解説

きり‐ひら・く【切(り)開く】

[動カ五(四)]
切って中を開く。「封を―・く」
(「切り拓く」とも書く)山を崩したり荒れ地を開墾したりして、道路・宅地・田畑などにする。「丘を―・いて宅地にする」
敵の囲みを破って、進路をつくる。「血路を―・く」
困難や障害を乗り越えて進路を開く。「運命を―・く」「新境地を―・く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切(り)開くの関連キーワード坑道掘進宅地

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android