コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)開く キリヒラク

デジタル大辞泉の解説

きり‐ひら・く【切(り)開く】

[動カ五(四)]
切って中を開く。「封を―・く」
(「切り拓く」とも書く)山を崩したり荒れ地を開墾したりして、道路・宅地・田畑などにする。「丘を―・いて宅地にする」
敵の囲みを破って、進路をつくる。「血路を―・く」
困難や障害を乗り越えて進路を開く。「運命を―・く」「新境地を―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切(り)開くの関連キーワード坑道掘進宅地

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android