叩き切る(読み)タタキキル

デジタル大辞泉の解説

たたき‐き・る【×叩き切る】

[動ラ五(四)]
たたいて切る。「ロープを石で―・る」
勢いよく切る。切ることを強調していう語。「一刀のもとに―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たたききる【叩き切る】

( 動五[四] )
勢いよく切る。たたっきる。 「燃きつけにするために盤根ねつこの上で出刃で-・つてゐた/疑惑 秋江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android