コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初倉荘 はつくらのしょう

百科事典マイペディアの解説

初倉荘【はつくらのしょう】

駿河国との国境にある遠江国榛原(はいばら)郡の荘園。現静岡県島田市から吉田町・大井川町(現・焼津市)にかけた大井川下流左岸にあった。初め皇室領。1299年亀山上皇から京都南禅寺に寄進され,以後戦国時代まで南禅寺領。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はつくらのしょう【初倉荘】

平安末期に成立した遠江国榛原(はいばら)郡の荘園。美福門院得子を本家として成立した皇室領荘園で,その年貢の一部が宝荘厳院と高野山の大伝法院に進納された。美福門院が亡くなると,娘の八条院子に伝領され,大覚寺統の最重要所領たる八条院領の一つとなった。1299年(正安1)亀山上皇によって南禅寺に寄進され,以後南禅寺領として戦国時代に至る。南禅寺の初倉荘支配は主として守護被官による代官請であり,国人領主層の蚕食が繰り返されて,その支配は不安定であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

初倉荘の関連キーワード島田[市]吉田(町)今川氏斯波氏輪中

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android