コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初倉荘 はつくらのしょう

2件 の用語解説(初倉荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

初倉荘【はつくらのしょう】

駿河国との国境にある遠江国榛原(はいばら)郡の荘園。現静岡県島田市から吉田町・大井川町(現・焼津市)にかけた大井川下流左岸にあった。初め皇室領。1299年亀山上皇から京都南禅寺に寄進され,以後戦国時代まで南禅寺領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はつくらのしょう【初倉荘】

平安末期に成立した遠江国榛原(はいばら)郡の荘園。美福門院得子を本家として成立した皇室領荘園で,その年貢の一部が宝荘厳院高野山大伝法院に進納された。美福門院が亡くなると,娘の八条院子に伝領され,大覚寺統の最重要所領たる八条院領の一つとなった。1299年(正安1)亀山上皇によって南禅寺に寄進され,以後南禅寺領として戦国時代に至る。南禅寺の初倉荘支配は主として守護被官による代官請であり,国人領主層の蚕食が繰り返されて,その支配は不安定であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

初倉荘の関連キーワード色葉字類抄広東政府催馬楽曾我物語榛原袋草紙花茨平家海人の刈藻牧之原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone