コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飾磨津 しかまづ

2件 の用語解説(飾磨津の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

飾磨津【しかまづ】

播磨国にあった港町。飾万津とも書く。現在の兵庫県姫路市の南部に位置し,播磨灘に面していた。一帯には,平安末期から鎌倉期まで奈良薬師寺領の飾磨荘,南北朝期頃から飾万津別符(べっぷ)が存在し,江戸時代は姫路城下の外港として栄えた。
→関連項目飾磨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しかまづ【飾磨津】

播磨国(兵庫県)飾東郡,船場川河口左岸にある港町で,町の東が入江となっている。古くは《万葉集》にみえる思賀麻江である。姫路藩主池田輝政はここを城下の外港として重視し,1601年(慶長6)入江に向島を建設し,船役所・船置場を置き,船手(ふなて)(水主(かこ))を配置した。09年には城の外堀から南へ飾磨入江に達する運河(三左衛門堀)を通じようとしたが失敗した。15年(元和1)本多忠政の代に船場川が改修されて,以後城下から飾磨御蔵まで舟運によって蔵米が下されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の飾磨津の言及

【播磨国】より

…それにともない交易市場や物資集散港が発達する。市では《明月記》にみえる〈志賀麻市〉つまり国府の外港飾磨津の市が知られ,佐用郷の市庭(いちば)も鎌倉時代から出てくる。港では大部荘外港の魚住泊が古く,法然の衆生結縁で有名な高砂浦や室津も古い。…

※「飾磨津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飾磨津の関連キーワード羽田深川メドック可古の島左岸播磨播磨潟武庫泊播磨風土記アマパ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone