飾磨津(読み)しかまづ

百科事典マイペディアの解説

飾磨津【しかまづ】

播磨国にあった港町。飾万津とも書く。現在の兵庫県姫路市の南部に位置し,播磨灘に面していた。一帯には,平安末期から鎌倉期まで奈良薬師寺領の飾磨荘,南北朝期頃から飾万津別符(べっぷ)が存在し,江戸時代は姫路城下の外港として栄えた。飾磨荘・飾万津別符は夢前(ゆめさき)川河口の左岸一帯に比定され,江戸時代の飾東(しきとう)郡飾磨津は野田川下流右岸から船場(せんば)川下流左岸にかけての南北に長い地域を占めていた。古くは《万葉集》にみえる飾磨江(しかまえ)にあたり,飾磨・飾磨川・飾磨市などは歌枕として知られる。1002年に花山(かざん)法皇が書写(しょしゃ)山(現姫路市の円教寺)に参詣するため〈飾磨津湊〉で下船している。鎌倉中期には,一遍(いっぺん)が人々の集住する飾磨津で別時念仏を行っている。江戸時代の飾磨津が港町として発展するのは,池田輝政が播磨一国の大守として入部してからである。輝政は1601年から1609年にかけて姫路城築城と並行して姫路城下から飾磨津に通じる運河(三左衛門堀)を開削し,この運河沿いに浦手(うらて)6町と岡手(おかて)5町を含む〈飾磨津町二十町〉と称される町場が形成された。1682年の20町の家数は1530軒,人数は9927人で,地子銀9貫目を上納していた。1808年に姫路藩の木綿専売が施行され,国産会所を設立,飾磨津からの江戸積みが開始された。1940年に飾磨市の一部となり,1946年には飾磨市が姫路市に合併した。
→関連項目飾磨

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しかまづ【飾磨津】

播磨国(兵庫県)飾東郡,船場川河口左岸にある港町で,町の東が入江となっている。古くは《万葉集》にみえる思賀麻江である。姫路藩主池田輝政はここを城下の外港として重視し,1601年(慶長6)入江に向島を建設し,船役所・船置場を置き,船手(ふなて)(水主(かこ))を配置した。09年には城の外堀から南へ飾磨入江に達する運河(三左衛門堀)を通じようとしたが失敗した。15年(元和1)本多忠政の代に船場川が改修されて,以後城下から飾磨御蔵まで舟運によって蔵米が下されるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の飾磨津の言及

【播磨国】より

…それにともない交易市場や物資集散港が発達する。市では《明月記》にみえる〈志賀麻市〉つまり国府の外港飾磨津の市が知られ,佐用郷の市庭(いちば)も鎌倉時代から出てくる。港では大部荘外港の魚住泊が古く,法然の衆生結縁で有名な高砂浦や室津も古い。…

※「飾磨津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android