コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北有馬 きたありま

2件 の用語解説(北有馬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北有馬
きたありま

長崎県南東部,南島原市中部の旧町域。島原半島の南部,雲仙岳南麓にある。 1969年町制施行。 2006年加津佐町,口之津町,南有馬町,西有家町,有家町,布津町,深江町と合体して南島原市となった。海岸がほとんどない内陸地で農業が中心。農地は河川沿いの低地を除いては大部分が丘陵地帯で,段々畑や棚田でのミカン,ジャガイモ栽培が行われる。特にミカンは 1950年代の早い時期に団地形成を行なうなど,半島における先進地となった。有馬氏初代の築いた日野江城跡,縄文時代の原山支石墓群があり,それぞれ国の史跡に指定されている。一部は雲仙天草国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北有馬
きたありま

長崎県南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(北有馬町(ちょう))。現在は南島原(みなみしまばら)市の中西部を占める。旧北有馬町は1969年(昭和44)町制施行。2006年(平成18)南有馬、加津佐(かづさ)、口之津(くちのつ)、有家(ありえ)、西有家、深江(ふかえ)、布津(ふつ)の7町と合併、市制施行して南島原市となった。旧北有馬町域は島原半島雲仙(うんぜん)岳南西麓(ろく)に位置し、国道251号、389号が通じる。有馬川が雲仙火山山麓を刻む傾斜地に、段々畑や棚田(たなだ)が分布し、段々畑には1925年(大正14)からミカンが導入され、島原半島の柑橘(かんきつ)栽培先進地帯をなす。最近ではメロン栽培や酪農も盛んである。有馬川河口のほかには海岸を欠き、漁業はまったく行われていない。中心集落をなす谷川地区には、1215年(建保3)有馬氏の初代藤原経澄(つねずみ)が築いた日野江(ひのえ)城跡があり、有馬氏370年間の統治の拠点をなした。また、原山(はらやま)には縄文晩期の原山ドルメン(支石墓群。国指定史跡)がある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北有馬の関連情報