コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布津 ふつ

2件 の用語解説(布津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布津
ふつ

長崎県南東部,南島原市東部の旧町域。島原半島東部,島原湾に臨む。 1969年町制施行。 2006年加津佐町,口之津町,南有馬町,北有馬町,西有家町,有家町,深江町と合体して南島原市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布津
ふつ

長崎県島原(しまばら)半島の南東部、南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(布津町(ちょう))。現在は南島原(みなみしまばら)市の北東部を占める。旧布津町は1969年(昭和44)町制施行。2006年(平成18)深江(ふかえ)、有家(ありえ)、西有家、北有馬(きたありま)、南有馬、加津佐(かづさ)、口之津(くちのつ)の7町と合併、市制施行して南島原市となった。雲仙(うんぜん)火山南東麓(ろく)の火山性扇状地を旧町域とし、布津断層(八重坂(やえざか)断層)を境にして南島原市深江町地区と隣接する。扇端部は海に臨み、国道251号を通ずる。農業は扇央部の畑作を中心とし、ミカン、葉タバコの栽培を軸に酪農や牧牛を伴う有畜農が主である。漁業は一本釣りのほか、ノリ、ワカメの養殖が盛んである。新田植松(しんでんうえまつ)海岸は潮干狩や海水浴場の適地で、岬の先端には金比羅(こんぴら)(琴平)神社が祀(まつ)られる。ここから湯島(ゆしま)を近くにみた有明(ありあけ)海、さらに遠景として南に天草(あまくさ)、東に阿蘇(あそ)を望む景観は広大で、北西に雲仙岳の壮観を控える。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布津の関連キーワード長崎県南島原市加津佐町己長崎県南島原市口之津町丁長崎県南島原市口之津町丙長崎県南島原市深江町乙長崎県南島原市深江町丁長崎県南島原市深江町戊長崎県南島原市布津町乙長崎県南島原市布津町甲長崎県南島原市布津町丙長崎県南島原市南有馬町乙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

布津の関連情報