コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布津 ふつ

2件 の用語解説(布津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布津
ふつ

長崎県南東部,南島原市東部の旧町域。島原半島東部,島原湾に臨む。 1969年町制施行。 2006年加津佐町,口之津町,南有馬町,北有馬町,西有家町,有家町,深江町と合体して南島原市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布津
ふつ

長崎県島原(しまばら)半島の南東部、南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(布津町(ちょう))。現在は南島原(みなみしまばら)市の北東部を占める。旧布津町は1969年(昭和44)町制施行。2006年(平成18)深江(ふかえ)、有家(ありえ)、西有家、北有馬(きたありま)、南有馬、加津佐(かづさ)、口之津(くちのつ)の7町と合併、市制施行して南島原市となった。雲仙(うんぜん)火山南東麓(ろく)の火山性扇状地を旧町域とし、布津断層(八重坂(やえざか)断層)を境にして南島原市深江町地区と隣接する。扇端部は海に臨み、国道251号を通ずる。農業は扇央部の畑作を中心とし、ミカン、葉タバコの栽培を軸に酪農や牧牛を伴う有畜農が主である。漁業は一本釣りのほか、ノリ、ワカメの養殖が盛んである。新田植松(しんでんうえまつ)海岸は潮干狩や海水浴場の適地で、岬の先端には金比羅(こんぴら)(琴平)神社が祀(まつ)られる。ここから湯島(ゆしま)を近くにみた有明(ありあけ)海、さらに遠景として南に天草(あまくさ)、東に阿蘇(あそ)を望む景観は広大で、北西に雲仙岳の壮観を控える。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

布津の関連情報