コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南有馬 みなみありま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南有馬
みなみありま

長崎県南東部,南島原市南部の旧町域。島原半島の南部,島原湾に臨む。 1932年町制施行。 2006年加津佐町,口之津町,北有馬町,西有家町,有家町,布津町,深江町と合体して南島原市となった。おもに雲仙岳南部の玄武岩からなる丘陵地で,沿岸にわずかな沖積低地,有馬川,大手川の河口に干拓水田がある。丘陵地ではミカン,ジャガイモを産する。漁業はワカメの養殖が行なわれる。島原の乱で知られる原城跡 (国指定史跡) があり,付近に原城温泉や国民宿舎などがある。毎年4月の本丸跡での原城一揆祭は有名。一帯は島原半島県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南有馬
みなみありま

長崎県島原(しまばら)半島の南部、南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(南有馬町(ちょう))。現在は南島原(みなみしまばら)市の南西部を占める。旧南有馬町は1932年(昭和7)町制施行。2006年(平成18)北有馬、加津佐(かづさ)、口之津(くちのつ)、有家(ありえ)、西有家、布津(ふつ)、深江(ふかえ)の7町と合併、市制施行して南島原市となった。旧町域の東部、有明(ありあけ)海に臨む標高20余メートルの丘陵は、かつて「原(はる)の島(しま)」とよばれる孤島であった。1496年(明応5)有馬氏によって築城されたが廃城となっていた。1637年(寛永14)島原・天草一揆(あまくさいっき)勃発後、天草四郎時貞(あまくさしろうときさだ)とキリシタン3万7000余人がこの廃城にたてこもった。この原(はら)城跡は面積44ヘクタールで、本丸・二の丸・三の丸・天草(あまくさ)丸に分かれた天然の要塞(ようさい)であった。原城の西側の、かつて入り江であった大江(おおえ)は、現在では陸化され、地域の中心地をなしている。国道251号、389号が通じる。西部は標高200メートル内外の丘陵地で、山腹斜面には棚田(たなだ)やミカン園が多い。1966年(昭和41)北部の有馬川河口一帯〔浦田(うらた)・北岡(きたおか)の地先〕に、100余ヘクタールの干拓地が造成され、米の生産は急増した。国史跡原城跡には供養地蔵尊や顕彰碑が立てられ、近くに温泉施設があり、毎年4月には本丸跡で原城一揆まつりが行われ、多くの観光客を誘致している。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

南有馬の関連キーワード有馬(長崎県)長崎県南島原市南島原(市)南島原[市]西有家[町]北村 西望長崎(県)布津[町]原城跡

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南有馬の関連情報