コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物供養 どうぶつくよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物供養
どうぶつくよう

動物霊に対する供養。人間が生活するためには,食糧,労働力,その他の目的で多くの動物の生命を奪っているため,それら動物霊のたたりを恐れる気持や,慰霊の意味で,種々の動物のために塚や石塔を設けて祀った。海の漁での償いとして,鯨の位牌ぼらの供養塚,はたはたの祭りを行う例があり,いのししを通算 1000頭とったときに供養塔を建てるところもある。牛馬については死体を捨てる場所に木碑を建てることが多いが,観音信仰と結びついて道ばたに「馬頭観音」などの文字を刻んだ石塔を建てることが広く行われた。また関東の東部では,犬が難産で死んだという話を聞くと,十九夜講など婦人仲間の講の人が集り,犬卒塔婆 (そとば) と称するふたまたの塔婆を立てて犬供養をする。これは講仲間が定期的に立てるものもあり,家畜の墓に立てるものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうぶつくよう【動物供養】

鳥獣虫魚にも霊魂があると考え,これらを殺生捕獲した者がその霊を慰めようとして,神道もしくは仏教の儀礼によって供養を営むこと。古くは八幡宮において魚鳥を放って殺生の罪を謝した放生会(ほうじようえ)なども,神慮をなぐさめるとはいいながら直接には殺されないですむ魚鳥を喜ばせ,これによって供養する者が心を安んじるのが目的であった。現代では牛馬の屠場業者,魚市場や養鶏業の関係者など生肉,卵,鮮魚などを取り扱う人々が,この種の動物霊の供養を年々の行事として挙行する場合が多く,捕鯨・狩猟関係の人々も仲間ごとに供養碑などの建立を行っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物供養
どうぶつくよう

人間生活と密接な関係をもつ動物の死を弔い、供養する儀礼。全国的に塔婆(とうば)や位牌(いはい)を設ける形式が多い。犬、猫、牛、馬、猪(いのしし)、鹿(しか)、猿、鯨(くじら)、鮭(さけ)、烏(からす)、蛇などが対象とされている。東関東一帯では、犬が死んだと聞くと、若い既婚の女性が集まり、Y字型の犬卒塔婆を三叉路(さんさろ)に立てて犬供養をする。定期的に2月と9月の19日に、安産祈願の対象として犬供養をする所もある。各地に広く分布する馬頭観音(ばとうかんのん)や、大日如来(だいにちにょらい)の石像も牛馬の供養である。秋田県では、鮭のとれるときは、千本ごとに千本祭を行い、殺すときは「エビス」と掛け声をかける習俗がある。鮭の帰巣性を神秘に感じ、その霊が祟(たた)らぬように、さらに祀(まつ)ることによってエビスという豊漁神になることを願ったものである。
 西日本では、鯨の位牌、鯨の墓とよぶ墓標がある。動物供養には形式的にみて、仏教の関与を否定できない。[鎌田久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動物供養の関連キーワード帰巣性

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android