コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物供養 どうぶつくよう

3件 の用語解説(動物供養の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物供養
どうぶつくよう

動物霊に対する供養。人間が生活するためには,食糧,労働力,その他の目的で多くの動物の生命を奪っているため,それら動物霊のたたりを恐れる気持や,慰霊の意味で,種々の動物のために塚や石塔を設けて祀った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうぶつくよう【動物供養】

鳥獣虫魚にも霊魂があると考え,これらを殺生捕獲した者がその霊を慰めようとして,神道もしくは仏教の儀礼によって供養を営むこと。古くは八幡宮において魚鳥を放って殺生の罪を謝した放生会(ほうじようえ)なども,神慮をなぐさめるとはいいながら直接には殺されないですむ魚鳥を喜ばせ,これによって供養する者が心を安んじるのが目的であった。現代では牛馬の屠場業者,魚市場や養鶏業の関係者など生肉,卵,鮮魚などを取り扱う人々が,この種の動物霊の供養を年々の行事として挙行する場合が多く,捕鯨・狩猟関係の人々も仲間ごとに供養碑などの建立を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物供養
どうぶつくよう

人間生活と密接な関係をもつ動物の死を弔い、供養する儀礼。全国的に塔婆(とうば)や位牌(いはい)を設ける形式が多い。犬、猫、牛、馬、猪(いのしし)、鹿(しか)、猿、鯨(くじら)、鮭(さけ)、烏(からす)、蛇などが対象とされている。東関東一帯では、犬が死んだと聞くと、若い既婚の女性が集まり、Y字型の犬卒塔婆を三叉路(さんさろ)に立てて犬供養をする。定期的に2月と9月の19日に、安産祈願の対象として犬供養をする所もある。各地に広く分布する馬頭観音(ばとうかんのん)や、大日如来(だいにちにょらい)の石像も牛馬の供養である。秋田県では、鮭のとれるときは、千本ごとに千本祭を行い、殺すときは「エビス」と掛け声をかける習俗がある。鮭の帰巣性を神秘に感じ、その霊が祟(たた)らぬように、さらに祀(まつ)ることによってエビスという豊漁神になることを願ったものである。
 西日本では、鯨の位牌、鯨の墓とよぶ墓標がある。動物供養には形式的にみて、仏教の関与を否定できない。[鎌田久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動物供養の関連キーワード心霊主義人魂五十二類心霊虫魚エルトール型コレラ霊魂不滅照明説ヨンストン《阿蘭陀禽獣虫魚図和解》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

動物供養の関連情報