勝央[町](読み)しょうおう

百科事典マイペディア「勝央[町]」の解説

勝央[町]【しょうおう】

岡山県北東部,勝田郡の町。津山盆地東部を占め,姫新(きしん)線が通じる。主集落の勝間田はもと出雲街道の宿場町。溜池灌漑(ためいけかんがい)による米作のほか,モモ,ナシ,ブドウなどの果樹栽培,酪農を行い,茶,タバコ,野菜も産する。54.05km2。1万1195人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「勝央[町]」の解説

しょうおう【勝央[町]】

岡山県北東部,勝田郡の町。人口1万1669(1995)。中国山地を背に北部丘陵が起伏し,中南部には滝川に沿って津山盆地東端の低地が開ける。中心集落の勝間田は,近世出雲街道の宿場町で本陣が2軒置かれた。低地は条里制遺構が残る古くからの水田地域であるが,台地は国営パイロット事業や工業団地の造成が進み,新しい農工業の町へと姿を変えている。米・麦作のほかに,ブドウ,モモ,茶,タバコの産が多く,酪農,和牛飼育も行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android