コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北波多[村] きたはた

1件 の用語解説(北波多[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きたはた【北波多[村]】

佐賀県北西部,東松浦郡の村。人口4925(1995)。北は唐津市,南西は伊万里市に接する。村域は南北に細長く,中央を松浦川支流の徳須恵川が北流する。享保年間(1716‐36)に炭鉱が開かれ,明治~第2次世界大戦中は唐津炭田の一部として活況を呈したが,戦後の石炭産業崩壊により閉山があいつぎ,現在はすべてが閉山されている。主産業の農業は,米,ミカン,茶の栽培のほか,イチゴなどの施設園芸も盛ん。中世以来の伝統をもつ岸岳焼の生産地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

北波多[村]の関連キーワード色覚西北五広域連合のマスタープラン川辺川利水事業計画敦煌・莫高窟美馬[市]着メロ金本知憲恋のサバイバル火星マルドニオス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone