コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北米自由貿易協定(NAFTA)

農林水産関係用語集の解説

北米自由貿易協定(NAFTA)

North American Free Trade Agreementの略。貿易の自由化による経済発展を目的として、米国とカナダとの間で1989年に米国・カナダ自由貿易協定が結ばれ、その後94年に、メキシコが加ったことにより現在の体制となった。この協定では、域内の貿易における全品目の関税を金額ベースで99%撤廃することとなっている。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北米自由貿易協定(NAFTA)

米国、カナダ、メキシコの3カ国の間で1994年に発効した自由貿易協定。北米産品の関税は発効直後に大部分を撤廃した。協定は22章からなり、域内の部品を一定割合使った製品を非関税にする「原産地規則」や、加盟国同士の紛争解決の枠組みなどをつくった。3カ国が参加する環太平洋経済連携協定(TPP)は「NAFTAの再交渉版」と呼ばれたが、トランプ政権は発足直後にTPP離脱を表明。3カ国は8月にNAFTAの再交渉を始め、早ければ年内の合意をめざす。

(2017-08-24 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

北米自由貿易協定(NAFTA)の関連キーワード自由貿易協定(Free Trade Agreement)FTA(Free Trade Agreement)カナディアン・インペリアル商業銀行近・現代ラテンアメリカ史(年表)東南アジア諸国連合自由貿易地域エマージング・マーケットラテンアメリカの最新潮流「東アジア共同体」構想サパティスタ民族解放軍イベロアメリカ首脳会議サリナス・デ・ゴルタリカリブ海地域支援構想ウィリアム デーリーアメリカ自由貿易圏ヨーロッパ経済領域アングロ・アメリカ米加自由貿易協定東アジア経済会議米州活性化構想米州自由貿易圏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北米自由貿易協定(NAFTA)の関連情報