コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十戒[仏教] じっかい[ぶっきょう]

1件 の用語解説(十戒[仏教]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十戒[仏教]
じっかい[ぶっきょう]

仏教で守らなければならない 10種の戒め。必ずしも一定しないが,普通には,沙弥沙弥尼 (いずれも,ともに出家者ではあるが,年少のためにまだ真の出家者と認められない男子および女子) の十戒をさす。 (1) 生き物を殺さないこと,(2) 盗みをしないこと,(3) 性交を絶つこと,(4) 嘘をつかないこと,(5) 酒を飲まないこと,(6) 身を飾らないこと,(7) 歌舞を見聞きしないこと,(8) 高く広い寝台に寝ないこと,(9) 午後に食事をしないこと,(10) 金銀を私有しないこと。大乗仏教で重視される 10種の戒めは,十重禁戒と呼ばれ,次のことを禁じる。 (1) 生き物を殺す,(2) 盗む,(3) 姦淫する,(4) 嘘をつく,(5) 酒を売る,(6) 在家・出家の菩薩および比丘・比丘尼の罪過を説く,(7) 自己をたたえ他をそしる,(8) 施しをするのを惜しむ,(9) 怒って他人の謝罪を許さない,(10) 仏・法・僧の三宝をそしる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone