コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即身成仏 そくしんじょうぶつ

4件 の用語解説(即身成仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

即身成仏
そくしんじょうぶつ

現実世界のこの身のままですぐに仏になること。特に真言宗で強調する。父母から生じた身体で,すなわちそのまま大悟の位に上りうるとして,手に印を結び口に真言を称し意を三摩地 (さんまじ) に統一する三密瑜伽をすすめ,仏の法身を自内証して成仏すると説く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そくしん‐じょうぶつ〔‐ジヤウブツ〕【即身成仏】

真言密教の教義で、人間が現世の肉体のままで仏になること。生きたままで仏になること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そくしんじょうぶつ【即身成仏】

( 名 ) スル
〘仏〙 現在の身体のままで仏となること。天台宗など諸宗派で説かれるが、特に真言宗では根本的教義とされ、大日如来の真実の姿と修行者が一体となることで即身成仏が実現されるとする。即身菩提ぼだい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

即身成仏
そくしんじょうぶつ

密教独特の成仏思想。現在の肉身のままで仏になること。大乗仏教が、その宗教理想をゴータマ・ブッダ(釈尊)が達成したのと同じ無上正等覚(しょうとうがく)に置き、そこに到達するには無量劫(むりょうこう)にわたって無数回の生死を繰り返して修行を積む必要があるとする歴劫成仏(りゃっこうじょうぶつ)の立場をとるのに対して、それと同じ成仏の境地が、仏の世界を図絵曼荼羅(まんだら)として観想し、手に特定の仏の働きを象徴する印契(いんげい)を結び、口にその尊の真言(しんごん)を唱え、心にその尊を象徴する図形である三昧耶形(さんまやぎょう)を観想する、いわゆる三密加持(さんみつかじ)、または三密瑜伽(ゆが)という密教的行法によるならば、なんら多生(たしょう)にわたる難行苦行を必要とせず、この現在の生の間に、父母から生まれたこの身体に即して成仏が実現されうる、とするもので、両部大経のうちの『金剛頂経(こんごうちょうぎょう)』系の思想である。[津田眞一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の即身成仏の言及

【修験道】より

…しかし,第2次世界大戦後,真言宗醍醐派(総本山三宝院),本山修験宗(総本山聖護院),金峰山修験本宗(総本山金峯山寺(きんぷせんじ))などの修験教団が相ついで独立し,修験道はふたたび活況を呈している。
[思想と儀礼]
 修験道の思想や儀礼は,峰入り修行による〈即身成仏〉という眼目を中心として展開する。まず依経は,教義上は山中の森羅万象そのものを経とするというように,特定の経を立てないことを旨とする。…

【成仏】より

…かくしてスリランカ,ミャンマー,タイなどに伝わる南方の上座部仏教Tera‐vādaでは,涅槃(ねはん)(さとりの世界)を求めて解脱を目標とした。他方,大乗仏教Mahā‐yānaがインド,中国,日本に伝わる間,禅定や止観が重んじられるとともに,それらの修行の階程をふむことを歴劫修行(りやくこうしゆぎよう)と否定し,〈信〉によってただちに生死の悩みから涅槃に昇化する即身成仏(そくしんじようぶつ)の思想が生まれた。日本仏教は各宗を通じてこの思潮に立ち,文学作品などで死を成仏と表現するのは,仏教信奉者が死を迎えると仏の命(いのち)に帰ると考えて,死者を成仏したものと理解したためであるとされる。…

【真言】より

…その上に仏の行動をシンボライズする印を手で結び,仏の正覚を心に念じて仏と同体化しようとした。これが三密(口密,身密,意密)瑜伽(ゆが)による即身成仏の実践である。空海(弘法大師)はこのような即身成仏によって仏の加持力を発揮し,衆生の諸願を満足させる目的で,密教による一宗派を開いた。…

【救い】より

…ところが,このような潮流に対して,とりわけ解脱宗教的特徴を強く示したのが,たとえば空海と道元によって代表される宗教経験であった。空海によって説かれた〈即身成仏〉(その身そのままで仏になること)と,道元によって主張された〈身心脱落〉(心とからだが透明な融合体――仏――になること)の境地こそは,〈解脱〉の特質を端的に示す身心統御の状態であるといえよう。 以上のことからわかるように,平安時代の日本仏教界の趨勢を,教団史的観点からではなく宗教経験の類型的把握という観点から見直してみるとき,密教における解脱型(空海)に対して,浄土教における救済型(源信)を対照させることができるであろう。…

【即身仏】より

…即身成仏した行者のことであるが,通常その遺体がミイラ化して現存するものをいう。一般仏教の即身成仏は,真言宗も天台宗も禅宗も,観念上の即身成仏である。…

【入定】より

…このような入定信仰では,肉体もそのまま残ると信じられ,これを即身仏といった。すなわち密教では入定を即身成仏というからである。空海の入定にならったといわれる出羽三山の湯殿山即身仏(ミイラ)も入定によって肉体を残し,同時に永遠の生命をもって衆生済度しようとしたものである。…

※「即身成仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

即身成仏の関連キーワード弘法大師五輪成身真言止観真言神道真言秘密真言密教真言両部即身菩提秘密教岩原諦信

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

即身成仏の関連情報