コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚木[市] あつぎ

百科事典マイペディアの解説

厚木[市]【あつぎ】

神奈川県中央部の市。1955年市制。丹沢山地東麓と相模原台地の一部を占める。相模川右岸に発達する市街は近世宿場町,市場町として栄え,舟運要地であった。昭和初期に開通した小田急電鉄線により東京と結ばれ,1969年開通の東名高速道路インターチェンジも完成,東京への通勤者が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あつぎ【厚木[市]】

神奈川県のほぼ中央にある市。1955年厚木町と南毛利,睦合(むつあい),小鮎,玉川の4村が合体,市制。人口20万8627(1995)。県央部を南下する相模川が中津川,小鮎川と合流する地点にあたり,丹沢,津久井の山地からの林産物と相模中央の農産物,相模湾から北上してくる海産物とが交易される河港として町が発生した。江戸時代以降は東海道の脇往還矢倉沢街道の宿駅として栄え,小江戸ともいわれた。明治中ごろ東海道本線が相模湾沿いに開通したことから,一時衰微したが,1920年代に神中(じんちゆう)線(現,相模鉄道線),JR相模線,27年に小田急線が開通し横浜,東京と直結するようになって勢いをとりもどした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

厚木[市]の関連キーワード相模原台地

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android