コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双蝶々曲輪日記 フタツチョウチョウクルワニッキ

4件 の用語解説(双蝶々曲輪日記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふたつちょうちょうくるわにっき〔ふたつテフテフくるわニツキ〕【双蝶々曲輪日記】

浄瑠璃。世話物。九段。竹田出雲三好松洛並木千柳宗輔(そうすけ))らの合作。寛延2年(1749)大坂竹本座初演。吾妻と与五郎の情話を背景に、相撲取りの濡髪長五郎放駒長吉の達引(たてひき)、義理人情の世界を描いたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

双蝶々曲輪日記【ふたつちょうちょうくるわにっき】

浄瑠璃,また,これに基づく歌舞伎劇。二世竹田出雲三好松洛,並木千柳作。1749年初演。山崎与五郎と遊女吾妻の恋物語に,力士濡髪長五郎と放駒(はなれごま)長吉の達引(たてひき)をからませた作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふたつちょうちょうくるわにっき【双蝶々曲輪日記】

人形浄瑠璃世話物。9段。1749年(寛延2)7月大坂竹本座初演。竹田出雲三好松洛,並木千柳(並木宗輔)合作。《摂陽奇観》にある角力取の濡れ紙長五郎が,武士を殺害した罪で捕らわれた事件に拠っているらしい。角書に〈関取濡髪名取放駒〉とあり,〈長〉の字を名に持つ2人の力士,濡髪長五郎と放駒長吉を主人公としたので,《双蝶々》の名題がつけられた。1718年(享保3)正月大坂竹本座初演の近松門左衛門作《山崎与次兵衛寿の門松》の山崎与次兵衛の世界をかり,25年正月大坂豊竹座の《昔米万石通》(西沢一風田中千柳合作)を粉本にした吾妻与次兵衛物の一作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双蝶々曲輪日記
ふたつちょうちょうくるわにっき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。九段。竹田出雲(いずも)・三好松洛(みよししょうらく)・並木千柳(せんりゅう)合作。1749年(寛延2)7月、大坂・竹本座初演。享保(きょうほう)年間(1716~36)に実在したという力士濡髪(ぬれがみ)長五郎の事跡を、近松門左衛門作の『寿門松(ねびきのかどまつ)』の登場人物を絡ませて脚色。名題(なだい)の「双蝶々」は長五郎と長吉という2人の力士の名を示している。大坂名代の力士濡髪長五郎が恩人の子山崎与五郎とその恋人の吾妻(あづま)のために奔走する話で、これに米屋の息子の力士放駒(はなれごま)長吉とその姉おせき、山崎の家来筋の南与兵衛(なんよへえ)とその愛人遊女都(みやこ)(のち女房お早)などが絡む。とくに有名なのは二段目「角力場(すもうば)」と八段目「引窓(ひきまど)」で、歌舞伎(かぶき)でもしばしば上演される。「角力場」は、吾妻が西国(さいこく)の侍平岡郷左衛門に身請けされそうになるので、濡髪が平岡の後援する放駒との相撲(すもう)に勝ちを譲り、吾妻身請けの延期を頼むが、放駒が拒否して喧嘩(けんか)別れになるまで。相撲場付近の情景描写と両力士の対照の妙によって、短いながら見ごたえがある。「引窓」は、平岡たちを殺して御尋ね者になった濡髪が、八幡(やはた)の里の実母を訪れる場面。母はその家の当主南与兵衛の亡父の後妻で、与兵衛は親の名南方十次兵衛(なんぽうじゅうじべえ)を継ぎ、濡髪捕縛の役人に任命されたが、義母の心を察し、義弟を救うためにお早とともに苦心する。濡髪が覚悟を決めて母の手で引窓の縄にかかると、与兵衛はその縄を切り、差し込む月光を夜明けに見立て、昼間は自分の役目でないといって濡髪を逃がしてやるという筋。引窓をかせに展開される舞台技巧と秋の詩情、登場人物間の義理と人情の絡み合いの描写が優れている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の双蝶々曲輪日記の言及

【相撲物】より

…江戸時代の娯楽生活に大きな一画を占める角界と相撲取りをモデルとして,人気俳優に演じさせることは興行政策上にも有利であったところから,多くの相撲狂言が現れた。浄瑠璃では1725年(享保10)1月大坂豊竹座初演の《昔米万石通(むかしごめまんごくどおし)》(西沢一風,田中千柳作)が知られ,これを粉本とした《双蝶々曲輪日記(ふたつちようちようくるわにつき)》(1749年7月大坂竹本座),また《関取千両幟》(1767年8月竹本座),《関取二代勝負附(せきとりにだいのしようぶづけ)》(1768年9月大坂亀谷芝居)などがある。歌舞伎では《浪花曙烏(なにわのあけぼのちぶみのからす)》(雷電源八の喧嘩。…

※「双蝶々曲輪日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

双蝶々曲輪日記の関連キーワード景事豊竹座人形浄瑠璃操り浄瑠璃時代世話浄瑠璃狂言浄瑠璃座世話浄瑠璃淡路人形浄瑠璃内海繁太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

双蝶々曲輪日記の関連情報