コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噛む/咬む/嚼む カム

デジタル大辞泉の解説

か・む【×噛む/×咬む/×嚼む】

[動マ五(四)]
上下の歯で物を挟んだり、砕いたりする。「悔しさで唇を―・む」「よく―・んで食べなさい」
歯を立てて傷つける。「舌を―・む」「蛇に―・まれる」
歯車の歯などがぴったりと合わさる。「ギアが―・む」
水の流れが激しくぶつかる。「岩を―・む激流」
くわだて・事件などに関係を持つ。「計画には彼が一枚―・んでいる」
(放送・演劇で)言葉を言い間違えたり、なめらかに話せなかったりする。「台詞を―・む」
強く説きふせる。また、しかりつける。
「義経といひ秩父といひ、大抵では―・まれぬ相手」〈浄・盛衰記
[可能]かめる
[下接句]飼い犬に手を噛まれる噛む馬はしまいまで噛む牙(きば)を噛む窮鼠(きゅうそ)猫を噛む唇を噛む砂を噛む二鼠(にそ)藤(ふじ)を噛む歯を噛む臍(ほぞ)を噬(か)む

しが・む【×噛む】

[動マ五(四)]くりかえし強くかむ。かみしめる。「酒の肴にスルメを―・む」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

噛む/咬む/嚼むの関連キーワード歯の変化がもたらした草原適応ユニバーサルデザインフード仮面ライダーダークキバHAPPY FLOSSチューインガムの日リンドウ(竜胆)メンタワイ諸島民スノキ(酢の木)黄べー橙べーガムタスマニアデビル青ベー緑ベーガム赤ベー黒ベーガムキャットニップミクロネシア人カロリン諸島民チューインガム砂を噛むようMISATOアードウルフ歯みがきガム

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android