コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叩き付ける(読み)タタキツケル

デジタル大辞泉の解説

たたき‐つ・ける【×叩き付ける】

[動カ下一][文]たたきつ・く[カ下二]
激しく打ちつける。「背中からマットに―・ける」「窓に―・ける雨」
激しい勢いで差し出す。「辞表を―・ける」
相手に無理に押しつける。否応なしに従わせる。
「老母をたらし、―・け、あんまりななされやう」〈浄・曽根崎
幼児の背中を軽くたたいて寝かしつける。
「蚊帳の内へ入り赤児を―・け」〈伎・四谷怪談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たたきつける【叩き付ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 たたきつ・く
激しく物にぶちあてる。強く投げつける。 「グローブを地面に-・けてくやしがる」 「雨が-・けるように降る」
憤然として物を差し出す。 「辞表を-・ける」
自分の考えなどを押し付ける。 「私合点いたさぬを老母をたらし-・け/浄瑠璃・曽根崎心中」
幼児の背を軽くたたいて寝かしつける。 「赤児を-・けてゐる/歌舞伎・四谷怪談」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

叩き付けるの関連情報