コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叩き付ける タタキツケル

デジタル大辞泉の解説

たたき‐つ・ける【×叩き付ける】

[動カ下一][文]たたきつ・く[カ下二]
激しく打ちつける。「背中からマットに―・ける」「窓に―・ける雨」
激しい勢いで差し出す。「辞表を―・ける」
相手に無理に押しつける。否応なしに従わせる。
「老母をたらし、―・け、あんまりななされやう」〈浄・曽根崎
幼児の背中を軽くたたいて寝かしつける。
「蚊帳の内へ入り赤児を―・け」〈伎・四谷怪談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たたきつける【叩き付ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 たたきつ・く
激しく物にぶちあてる。強く投げつける。 「グローブを地面に-・けてくやしがる」 「雨が-・けるように降る」
憤然として物を差し出す。 「辞表を-・ける」
自分の考えなどを押し付ける。 「私合点いたさぬを老母をたらし-・け/浄瑠璃・曽根崎心中」
幼児の背を軽くたたいて寝かしつける。 「赤児を-・けてゐる/歌舞伎・四谷怪談」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

叩き付けるの関連キーワード末光篤

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

叩き付けるの関連情報