コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伸す ノス

デジタル大辞泉の解説

の・す【伸す】

[動サ五(四)]

㋐伸びる。伸びひろがる。「枝葉が四方へ―・す」
㋑他をおさえて地位などがあがる。勢力などが発展する。「急速に―・してきた企業」
㋒さらに遠くまで行く。足を伸ばす。「新潟へ行ったついでに佐渡まで―・す」
㋓釣りで、掛かった魚が釣り糸を強く引き込む。「大物に―・される」

㋐曲がったところを伸ばしてまっすぐにする。「腰を―・す」
㋑たたんであるものを広げる。
「小ぶりな蠅が…日向へおりて羽を―・したり」〈里見弴・今年竹〉
㋒均等に力を加えて、物を伸ばし広げる。「餅を―・す」「麺棒(めんぼう)で―・す」
㋓(「熨す」とも書く)アイロン・こてなどで熱を加えてしわなどを伸ばし、平らにする。「しわを―・す」
㋔勢い・力を伸ばす。発展させる。「勢力を―・す」
㋕なぐり倒す。うちのめす。のばす。「生意気だから―・してしまえ」
[可能]のせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

伸すの関連キーワード東京外郭環状道路(外環道)ウエイトリフティング東北線・青い森鉄道偏光フィルム用色素磁気浮上式鉄道ブレークアウトカイウミヒドラ北海道新幹線健康管理士水力紡績機ロケット砲偏光ガラス嶋田 卓弥腕立て伏せ空中給油ブティア四つ這いアイロン成田空港勤務評定

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android