コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叩く/敲く タタク

3件 の用語解説(叩く/敲くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たた・く【×叩く/×敲く】

[動カ五(四)]

㋐手や道具を用いて打つ。また、続けて、あるいは何度も打つ。「ハエを―・く」「肩を―・く」
㋑打って音を出す。「手を―・いて呼ぶ」「太鼓を―・く」
㋒強く打つ。なぐる。ぶつ。「棒で―・く」「尻を―・く」
㋓さかんに当たる。雨・風が打ちつける。「窓を―・く雨」
魚肉を包丁で打つようにして細かく切ったり柔らかくしたりする。「アジを―・く」

㋐攻撃を加えて相手を負かす。やっつける。「敵の精鋭を―・く」「出はなを―・く」
㋑厳しく仕込む。鍛える。「新弟子のうちに―・いておく」
㋒相手の言論・文章などを徹底的に批判する。強く非難する。「新聞に―・かれる」
相手の考えを聞いたり、ようすを探ったりする。打診する。「先方の意向を―・く」
値段をまけさせる。値切る。買いたたく。「二束三文に―・いて買う」
すっかり使ってしまう。はたく。「財布の底を―・く」
(多く「…口をたたく」の形で)さかんに、またいろいろに言う。「むだ口を―・く」「陰口を―・く」
(「門をたたく」などの形で)教えを請うためにたずねる。「師の門を―・く」
《扇子などで演台をたたくところから》講談を演じる。「一席―・く」
10 将棋で、歩(ふ)を打ち捨てる。
11 《鳴き声が戸をたたく音に似ているところから》クイナが鳴く。
「早苗とるころ、水鶏(くひな)の―・くなど」〈徒然・一九〉
打つ[用法]
[可能]たたける
[下接句]頤(おとがい)を叩く口を叩く尻(しり)を叩く底を叩く太鼓を叩く出端(ではな)を叩く門を叩く

はた・く【×叩く】

[動カ五(四)]
打ち払う。ほこりなどをたたいて払う。「障子を―・く」
平たいもので打つ。たたく。「ほおを―・く」「布団を―・く」
持っている金を使い尽くす。「財布の底を―・く」
はたきこみのわざをかける。「―・かれて土俵にはう」
(興行などで)金銭上の欠損を出す。失敗する。
「―・きさうな芝居なり」〈黄・艶気樺焼
つき砕く。砕いて細かくする。
「枯れたる樒(しきみ)を抹香に―・かせて」〈浮・新永代蔵〉
[可能]はたける

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はたく【叩く】

( 動五[四] )
たたく。うつ。 「 頰 ほおを-・く」
たたいて払う。払って除く。 「塵を-・く」 「煙管キセルを-・く/書記官 眉山
財布などを逆さにして、中の金を全部出す。財産を使いつくす。 「有り金を-・く」 「何やかやで全く財布の底を-・き/怪談牡丹灯籠 円朝
相撲で、相手の首や肩を上からたたいて前に落とす。
いて粉にする。 「枯れたる樒しきみを抹香に-・かせて/浮世草子・新永代蔵」
失敗する。損失を出す。 「 - ・きさうな芝居なり/黄表紙・艶気樺焼」
[可能] はたける

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

叩く/敲くの関連キーワード仰のく扱く道具箱道具屋掻き出す掻き回す突抜く作り置く手巻溶く

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone