コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一刀両断 イットウリョウダン

デジタル大辞泉の解説

いっとう‐りょうだん〔イツタウリヤウダン〕【一刀両断】

ひと太刀で、まっぷたつに断ち切ること。
すみやかに、はっきりとした処置をとること。「一刀両断の裁きを下す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっとうりょうだん【一刀両断】

〔朱子語類〕
ひと太刀で真っ二つにすること。 「敵を-にする」
すみやかに決断して事を処理すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一刀両断の関連キーワード両・了・亮・令・僚・兩・寥・寮・料・梁・涼・漁・燎・猟・獵・療・瞭・稜・糧・綾・繚・良・諒・輛・遼・量・陵・霊・領団・團・壇・弾・彈・断・斷・暖・檀・段・男・談おもな四字熟語ハンスリックフランス哲学小田部三平民事調停真っ二つ朱子語類非訟事件古医方両断

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一刀両断の関連情報