コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可児[市] かに

2件 の用語解説(可児[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

可児[市]【かに】

岐阜県南部の市。1982年市制。東濃丘陵にあり北部は木曾川流域低地。中心の広見は太多(たいた)線と名鉄広見線の交点で商業区である。かつて木曾川舟運で繁栄した今渡は日本ライン観光の基地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かに【可児[市]】

岐阜県南東部,木曾川南岸にある市。1982年市制。人口8万6367(1995)。市域の南西部と東部は主に丘陵地,北部は木曾川に沿う段丘からなる台地で,市の中心地はJR太多線,名鉄広見線が通る広見地区にある。第2次世界大戦中と戦争直後には亜炭産地として知られたが,これといった地場産業もない田園地帯であった。戦後に自動車部品工場が成長し,その下請工場もふえ,工業団地が形成されて機械,金属,窯業などの工場の進出をみた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

可児[市]の関連キーワード恵那峡木曾谷能美飛騨川飛騨木曾川国定公園美濃三河高原いすみ土岐瑞浪丹羽弥

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone