コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

各務原[市] かかみがはら

百科事典マイペディアの解説

各務原[市]【かかみがはら】

岐阜県南部の市。1963年市制市域の大半を占める各務ヶ原に明治以後陸軍飛行連隊や航空機工場が設置されて急速に発展した。中心の蘇原には航空機,自動車の工場が多く,航空自衛隊の基地がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かかみがはら【各務原[市]】

岐阜県南部,木曾川北岸にある市。1963年那加,蘇原,稲羽,鵜沼の4町が合体して市制。人口13万1955(1995)。市の中央部は各務原台地とよぶ洪積台地で,その西および南は沖積平野である。台地は黒ボクとよばれる保水力のある土壌でおおわれ,明治初期まではその大半が原野であった。砲兵演習場が明治初年,陸軍飛行場が大正初年に開設され,川崎造船各務原飛行機製作所が昭和初期に建設され,名鉄各務原線(1927),高山本線(1935)の開通とあいまって軍事基地となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

各務原[市]の関連キーワード日本ライン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android