コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田半兵衛 よしだ はんべえ

4件 の用語解説(吉田半兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田半兵衛 よしだ-はんべえ

?-? 江戸時代前期-中期の浮世絵師。
京都の人。貞享(じょうきょう)-宝永(1684-1711)のころに上方(かみがた)で浮世草子などに挿絵をえがいた。「好色訓蒙図彙(きんもうずい)」や井原西鶴(さいかく)の「好色五人女」などの挿絵がとくに注目される。江戸の菱川師宣(ひしかわ-もろのぶ)とならび称された。名は定吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田半兵衛

生年:生没年不詳
浮世絵草創期の京都の絵師。貞享年間(1684~88)を中心に活躍した。絵師庄五郎の流れを学んだと伝える。浮世草子をはじめとして,節用類・仮名草子浄瑠璃本・名所記など,多数の挿絵に筆をとったと推定されるが,在名本は少ない。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだはんべえ【吉田半兵衛】

江戸初期の浮世絵師。名は定吉。生没年,経歴は明らかでないが,貞享年間(1684‐88)から元禄年間(1688‐1704)前半を中心に上方で浮世草子などの挿絵に筆を揮った。《寛闊(かんかつ)平家物語》(1710)は江戸の菱川師宣と上方の半兵衛を浮世絵師の双璧と評価している。上方の浮世絵の揺籃期に活躍し,西川祐信(すけのぶ)の先駆となった点が着目される。《好色訓蒙図彙(こうしよくきんもうずい)》(1686)など延宝(1673‐81)から宝永年間(1704‐11)初期にかけて挿絵の遺作がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田半兵衛
よしだはんべえ

生没年不詳。江戸中期の上方(かみがた)の浮世絵師。京都の人で、上方版の大衆向け出版物に挿絵を描き、貞享(じょうきょう)から宝永(ほうえい)(1684~1711)のころに活躍した。ことに井原西鶴(さいかく)との共作が注目され、その浮世草子の名作『好色五人女』『好色一代女』(ともに1686)や『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)』(1688)などに生彩に富む風俗描写を提供した。ほかに『好色訓蒙図彙(きんもうずい)』(1686)、『女用(おんなよう)訓蒙図彙』(1687)などの木版絵本もある。[小林 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田半兵衛の関連キーワード初代歌川国貞歌川豊麿鳥居清次籟堂錦絵菊川派庄五郎詮茂蒔絵師源三郎正歳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone