コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛闊 カンカツ

デジタル大辞泉の解説

かん‐かつ〔クワンクワツ〕【寛×闊】

[名・形動]
性格や気持ちがおおらかで、ゆったりしていること。また、そのさま。「寛闊な心」
服装や性格・気質などがはでなこと。また、そのさま。
「三番叟(さんばそう)らしい―な狂言の衣裳をつけ」〈藤村夜明け前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

寛闊の関連キーワード世間子息気質吉田半兵衛菱川師宣桜田治助三番叟永閑節出立ち庄五郎六方

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android