吉田新田(読み)よしだしんでん

世界大百科事典 第2版の解説

よしだしんでん【吉田新田】

武蔵国都筑郡の新田。現在の横浜市伊勢佐木町あたりはかつて釣鐘形の入海であったが,これを干拓してつくられた。開発にあたった摂津国出身で1611年(慶長16)生れの吉田勘兵衛は,34年(寛永11)江戸に出て木材石材商を営んだという。56年(明暦2)開発に着手するが,翌年の大雨で潮除堤が決壊して失敗,59年(万治2)再度着手し,67年(寛文7)に完成。工事の要点は,(1)釣鐘頭部に流れてくる大岡川を二つに分けて釣鐘の両側に回し,(2)海に接した部分に潮除堤を築き,(3)中央部に水路を設けることで,74年(延宝2)の検地で高1038石とされる新田ができた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android