コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くりくり クリクリ

デジタル大辞泉の解説

くり‐くり

[副](スル)
物が軽快に回転するさま。くるくる。「目をくりくりさせる」
まん丸く愛らしいさま。特に目の丸くはっきりしているさま。「くりくり(と)したかわいい目」
丸々と肥えているさま。「くりくり(と)肥った子」
[形動]頭髪をそったりごく短く刈ったりして、頭の丸いさま。「頭をくりくりにそる」
[アクセント]リクリ、はクリクリ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くりくり

[0] ( 形動 )
頭髪を剃るなどして、頭が丸くなめらかになったようす。 「 -に剃る」
[1] ( 副 ) スル
丸いさま。また、丸くてよく動くさま。くるくる。 「目の-した子」
丸く、かわいらしく太ったさま。 「 -と太った赤ちゃん」
目まいのするさま。くるくる。 「目が-とまうてあるまでぞ/四河入海 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

くりくりの関連キーワードくりくり坊主アクセント栗田ひづる由比正雪くるくる渡辺悠史ぐりぐりひちちか団栗眼糸鬢奴くるり頭髪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くりくりの関連情報