円か(読み)マドカ

デジタル大辞泉の解説

まど‐か【円か】

[形動][文][ナリ]《古くは「まとか」とも》
まるいさま。「円かな月」
穏やかなさま。円満なさま。
「甘やかな太陽が―な昼の夢のように輝いて」〈中勘助・鳥の物語〉
[派生]まどかさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まどか【円か】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔古くは「まとか」とも〕
まるくて欠けたところのないさま。 「 -な月」
穏やかなさま。円満なさま。欠けたところのないさま。 「 -ナヒト/日葡」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円かの関連情報