円やか(読み)まどやか

精選版 日本国語大辞典「円やか」の解説

まど‐やか【円やか】

〘形動〙 (古くは「まとやか」。「やか」は接尾語) まるいさま。また、穏やかなさま。まどか。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「円(マド)やかな幸多き夢は破れた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「円やか」の解説

まろ‐やか【円やか】

[形動][文][ナリ]
形がまるいさま。まるまるとしているさま。「円やか山容
口あたりが柔らかいさま。味が穏やかなさま。「こくのある円やかな酒」
[派生]まろやかさ[名]
[類語](1丸いまろい丸っこい真ん丸まどつぶ円形球形球状・円盤状・輪形

まど‐やか【円やか】

[形動][文][ナリ]《古くは「まとやか」とも》「まどか」に同じ。
「―な幸多き夢は破れた」〈宮島資夫・金〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android