吾・我(読み)あ

大辞林 第三版の解説

あ【吾・我】

( 代 )
〔上代語。中古以降は「わ」が用いられた〕
一人称。わたし。あれ。 「吾妹子に-が恋ひ死なば/万葉集 3566

あれ【吾・我】

( 代 )
一人称。私。われ。 「枕かむとは-はすれどさ寝むとは-は思へど/古事記 」 〔中古以降は、この語の代わりに「われ」が用いられるようになる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あ【吾・我】

〘代名〙 自称。私。あれ。中古以降は「わ」が使われて衰えた。
古事記(712)上・歌謡「阿(ア)はもよ、女(め)にしあれば」
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「我(ア)が財」
[語誌]ア・アレとワ・ワレとの相違については諸説あるが、大別すると二つになる。一つは、ア・アレは古く、ワ・ワレは新しいとする説、一つは、アガとワガとが限定する語に差が認められることから、ア系は私的で親愛の情を含み、個としての(単数的・孤独的)自分を示すのに対し、ワ系は公的で一般的用語であり、同質社会における複数の中の一人としての自分を示すとする説である。

あれ【吾・我】

〘代名〙 自称。私。中古以降は「われ」が用いられるようになって、次第に衰えた。
※古事記(712)中・歌謡「撓(たわ)や腕(がひな)を 枕(ま)かむとは 阿礼(アレ)はすれど」
※大鏡(12C前)四「あれは舞はじとて、角髪(びづら)ひきみだり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android