コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田芳恵 わだよしえ

4件 の用語解説(和田芳恵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田芳恵
わだよしえ

[生]1906.4.6. 北海道長万部
[没]1977.10.5. 東京
小説家。 1931年中央大学独法科卒業。新潮社の編集部に勤務するかたわら,小説を書き,樋口一葉の研究に没頭した。第2次世界大戦後も文芸雑誌『日本小説』の編集を担当し,多くの中間小説 (通俗のみでない娯楽としての小説) を世に送った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わだ‐よしえ〔‐よしヱ〕【和田芳恵】

[1906~1977]小説家・文芸評論家。北海道の生まれ。出版社勤務を経て樋口一葉の研究に入り、「一葉の日記」などを刊行。小説では、短編の名手として知られた。「塵の中」で直木賞受賞。他に「接木(つぎき)の台」「雪女」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田芳恵 わだ-よしえ

1906-1977 昭和時代の小説家,評論家。
明治39年4月6日生まれ。昭和6年新潮社にはいり,22年より大地書房の「日本小説」の編集にあたる。樋口一葉の研究で知られ,32年「一葉の日記」で芸術院賞。39年「塵の中」で直木賞。昭和52年10月5日死去。71歳。北海道出身。中央大卒。著作はほかに「接木の台」(読売文学賞),「暗い流れ」(日本文学大賞)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田芳恵
わだよしえ
(1906―1977)

小説家、評論家。北海道長万部(おしゃまんべ)町生まれ。中央大学独法科卒業。編集者として勤務するかたわら、小説執筆や樋口一葉(ひぐちいちよう)の研究に情熱を燃やした。第二次世界大戦後、『一葉全集』全七巻(筑摩書房)の編集に全力を傾注するとともに、日本芸術院賞を受賞した『一葉の日記』(1956)をはじめとする多くの伝記や研究をまとめあげた。1963年(昭和38)には1人の娼婦(しょうふ)のその後の生を描いた『塵(ちり)の中』で直木賞を受賞、作家としても自立した。以後、74年に『接木(つぎき)の台』で第26回読売文学賞、77年には『暗い流れ』で第9回日本文学大賞を受賞するなど、作家として円熟ぶりを示した。[山田有策]
『『和田芳恵全集』全五巻(1978~79・河出書房新社) ▽『接木の台』『暗い流れ』(集英社文庫) ▽『一葉の日記』(福武文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田芳恵の関連キーワード土師清二桜田常久橘外男大谷藤子耕治人辻村もと子寺崎浩野沢純長谷川幸延横山美智子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和田芳恵の関連情報