コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

員弁[町] いなべ

2件 の用語解説(員弁[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

員弁[町]【いなべ】

三重県北部,員弁郡の旧町。伊勢平野北部にあり,米作,養鶏が盛ん。主集落の楚原は伊勢神宮領の曾原御厨が置かれた地で,郡の中心。鉄工業なども行う。桑名から三岐鉄道線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いなべ【員弁[町]】

三重県北部,員弁郡の町。人口8776(1995)。北東部の養老山地西麓の扇状地と南西部の員弁川沿いの沖積平野からなり,集落は南西部の河岸段丘上に発達する。中心集落の楚原は中世には伊勢神宮領の曾原御厨が設けられた所で,明治に入って員弁郡役所が置かれ,現在も員弁郡の中心となっている。基幹産業は農業で,米作を中心に養鶏,畜産が行われている。近年,上笠田地区に工業団地が造成され,工業開発とともに都市近郊農村への脱皮がはかられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone