コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善意・悪意 ぜんい・あくい

2件 の用語解説(善意・悪意の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

善意・悪意【ぜんい・あくい】

法律用語。ある事情を知らないことが善意,知っていることが悪意。両者とも倫理的な意味はない(ただし離婚や離縁の原因としての〈悪意の遺棄〉は他人を害する意思のある意味で悪意を使う)。
→関連項目不当利得

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

善意・悪意
ぜんいあくい

私法上の概念としての善意とはある事情を知らないことであり、悪意とはそれを知っていることである。したがってここでは、倫理的な意味での善悪の要素はまったく含まれていない。私法がこのような意味での善意・悪意を区別するのは取引の安全保護の要請に奉仕するためである。つまり、取引の安全を図り、それを円滑化するためには、ある事情を知らない取引当事者を保護する必要がある反面(ただし、しばしば無過失が要求される)、そのような事情を知っている当事者は保護する必要がない、とするのである(例、民法94条、96条、112条など)。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

善意・悪意の関連キーワード悪意案内善意情を通ずる善意占有止まる所を知らない不知案内不文物知らず善意/悪意

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

善意・悪意の関連情報