公害裁判(読み)コウガイサイバン

百科事典マイペディアの解説

公害裁判【こうがいさいばん】

公害被害者が公害発生者その他の関係者に対して不法行為による損害賠償を求めて起こす裁判。戦前にも例はあるが,本格的な公害裁判は1960年代に入り公害が深刻化してからである。イタイイタイ病,熊本水俣病新潟水俣病四日市喘息(ぜんそく)の四大公害訴訟の裁判が特に有名で,1971年―1973年にいずれも原告勝訴となった(水俣病については国の責任に関する訴訟が係争中であったが,1995年に国が和解を受け入れ事実上決着した)。このほか大阪空港公害訴訟や米空軍基地の公害訴訟,新幹線公害訴訟,西淀川大気汚染訴訟などが有名。→環境基本法公害罪公害紛争処理法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうがいさいばん【公害裁判】

 公害の被害者が加害者である事業者等を相手に,損害賠償や被害発生の原因となる事業活動の全部または一部の差止めを求めて提起した訴訟についての民事裁判。これまでの事例では,しばしば被害者が多数にのぼり,訴訟が長期化し,一方では被害者に対する支援の運動を伴い社会問題化する傾向があった。このほか,公害を発生させた者の刑事責任を問う刑事裁判がある。 日本では,公害被害が深刻であり,死者を含む重大な健康被害を引き起こした事件が少なくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうがい‐さいばん【公害裁判】

〘名〙 住民が、公害発生源である工場などを相手として、事業の差し止めや損害の賠償を求める訴訟。公害訴訟。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の公害裁判の言及

【因果関係】より

…しかし,条件関係の存否は,つねに確実なものとして判断しうるわけではない。とくに公害事件(公害裁判)における因果関係がそうである。工場が亜硫酸ガスを排出し,風下の人間が喘息(ぜんそく)に罹患したという事実が確定されたとしても,被害者が吸引して喘息の原因となった物質は,車の排気ガスあるいはタバコの煙かもしれない。…

【公害病】より


[〈公害健康被害補償法〉の制定]
 1959年に石油コンビナートが操業を始めた四日市で,その直後から健康被害の苦情が多発しはじめ,64年度の厚生省によるばい(煤)煙影響調査の結果,四日市の喘息(ぜんそく)様の呼吸器疾患の多発は大気汚染によるものであるという発表がなされ,これを受けて四日市市が公害病としての独自の医療扶助制度を開始したことが一つの契機となって,公害病という用語が社会的に広がり,定着してきたものである。ひきつづき1960年代の後半には,四大公害裁判といわれる四日市公害,熊本および新潟水俣病,富山イタイイタイ病の裁判が始められ,71年新潟水俣病,72年四日市およびイタイイタイ病,73年熊本水俣病と,すべて健康被害を受けた原告側の勝訴の結果となり,ここに公害病の概念の原型が社会的通念として広がってきた。1969年には公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法が成立して,医療費,医療手当,介護手当の支給を内容とする制度が動き出し,74年には〈公害健康被害補償法〉が施行されて,医療費のみならず,障害の程度,年齢に応じての障害補償費,遺族補償,療養手当などの支給の制度ができた。…

※「公害裁判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公害裁判の関連情報