国光(1)(読み)くにみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国光(1) くにみつ

?-? 鎌倉時代の刀工。
京都粟田口(あわたぐち)派の国綱の子あるいは弟子,備前国宗の弟子などの諸説がある。鎌倉にすみ,相州物の事実上の祖という。直刃(すぐは)の短刀の名人で,短刀3口(ふり)(国宝),永仁(えいにん)元年(1293)作の「鎌倉住人新藤五国光作」銘の短刀(重要文化財)などがのこる。2代,あるいは3代が存在したといわれる。通称は新藤五。法名は光心。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android