国光(5)(読み)くにみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「国光(5)」の解説

国光(5) くにみつ

?-? 鎌倉時代蒔絵(まきえ)師。
正和(しょうわ)4年(1315)朝廷の命をうけ近江(おうみ)(滋賀県)日吉神社神輿(しんよ)の造替にしたがう。西園寺家歴代の日記管見記」の同年の条に,神輿をつくった名工のひとりとして名がみえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android