コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国検 こくけん

世界大百科事典 第2版の解説

こくけん【国検】

国衙検注または国司検注の略称。古代では,国司は徴税の正確を期するためにしばしば検田使などを派遣し,管国内の公領の面積・税額・名請人(担税者)などの実情を調査させた。これが国検であり,その行為を検注検田などと呼んだ。平安時代中期ごろまでは一応国衙の支配権も強く,台頭しつつあった荘園勢力に対抗する意味もあって,国検は実質的な効果をもっていた。とくに国司交替の際には,新任国司は〈初任検注〉と称し,任国の検注を実施するのが彼らの当然の義務であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国検の関連キーワード全国電力関連産業労働組合総連合ES細胞捏造(ねつぞう)事件エドワード・スノーデンナイジェル ヘイバース安土桃山時代(年表)日本電気産業労働組合ユーロジャスト長宗我部地検帳麻薬探知犬ご当地検定太田犬丸名毛利元清毛利輝元浅野長政国衙検注デューイスマッツ金 完燮米津親勝増田長盛

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国検の関連情報