コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国重(2) くにしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国重(2) くにしげ

?-? 戦国時代の刀工。
河野与太夫為家の子。はじめ与八郎と称し,分家して大月三郎左衛門とあらためる。備中(びっちゅう)後月郡(しつきぐん)荏原(えばら)郷(岡山県井原(いばら)市)に居住。大永(たいえい)-天文(てんぶん)年間(1521-55)の作がのこされている。異説もあるが,松山水田系の祖といわれる。備後(びんご)(広島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国重(2)の関連キーワード戦国時代刀工

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android