コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂城[町] さかき

2件 の用語解説(坂城[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

坂城[町]【さかき】

長野県中部,埴科(はにしな)郡の町。千曲川に沿う主集落坂城は北国街道の宿場町として発達,第三セクターしなの鉄道が通じる。機械・金属工業が盛ん。リンゴブドウ,バラの栽培も行われる
→関連項目産業集積

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかき【坂城[町]】

長野県中部,埴科(はにしな)郡の町。人口1万6776(1995)。上田市の北に接し,千曲川が中央を北流する。西部は筑摩山地,東部も標高1000m前後の山地が占める。千曲川東岸に位置する中心集落の坂城は近世に北国脇往還の宿場町として栄え,幕府の代官所も置かれた。現在は国道18号線,第三セクターしなの鉄道(旧JR信越本線)が通じ,県史跡の村上氏城館跡の東方には上信越自動車道坂城インターチェンジが開設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone