コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂城[町] さかき

百科事典マイペディアの解説

坂城[町]【さかき】

長野県中部,埴科(はにしな)郡の町。千曲川に沿う主集落坂城は北国街道の宿場町として発達,第三セクターしなの鉄道が通じる。機械・金属工業が盛ん。リンゴ,ブドウ,バラの栽培も行われる。
→関連項目産業集積

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかき【坂城[町]】

長野県中部,埴科(はにしな)郡の町。人口1万6776(1995)。上田市の北に接し,千曲川が中央を北流する。西部は筑摩山地,東部も標高1000m前後の山地が占める。千曲川東岸に位置する中心集落の坂城は近世に北国脇往還の宿場町として栄え,幕府の代官所も置かれた。現在は国道18号線,第三セクターしなの鉄道(旧JR信越本線)が通じ,県史跡の村上氏城館跡の東方には上信越自動車道坂城インターチェンジが開設された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android