坂本 太郎(読み)サカモト タロウ

20世紀日本人名事典の解説

坂本 太郎
サカモト タロウ

昭和期の古代史学者 日本歴史学会会長;東京大学名誉教授;国学院大学名誉教授。



生年
明治34(1901)年10月7日

没年
昭和62(1987)年2月16日

出生地
静岡県浜名郡浜松町(現・浜松市)

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部国史学科〔大正15年〕卒,東京帝国大学大学院修了

学位〔年〕
文学博士(東京帝大)〔昭和12年〕

主な受賞名〔年〕
勲二等瑞宝章〔昭和46年〕,文化功労者〔昭和47年〕,文化勲章〔昭和57年〕

経歴
昭和10年東京帝大文学部国史学科助教授、20年教授、26年同大史料編纂所長兼任。37年退官し、名誉教授。37〜58年国学院大学文学部教授。また文化財保護審議会会長、史学会理事長、日本歴史学会会長なども務めた。日本古代史の制度史的観点に力を入れ、わが国古代史研究を築いた。57年文化勲章受章。58年教科書検定審社会科部会委員に就任。著書に「上代駅制の研究」「大化改新の研究」「日本歴史の特性」「日本古代史の基礎的研究」などの他、「坂本太郎著作集」(全12巻 吉川弘文館)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

坂本 太郎 (さかもと たろう)

生年月日:1901年10月7日
昭和時代の古代史学者。日本歴史学会会長;東京大学教授;国学院大学教授
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

坂本 太郎の関連情報