コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田栄男 さかたえいお

5件 の用語解説(坂田栄男の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂田栄男
さかたえいお

[生]1920.2.25. 東京
[没]2010.10.22. 東京
囲碁棋士。23世本因坊増淵辰子(8段)門下。1935年入段し,1946年 7段。翌 1947年前田陳爾ら 7棋士とともに日本棋院を脱退,囲碁新社を結成したが,1949年復帰。1951年の第6期本因坊戦 7番勝負で,橋本宇太郎 9段(本因坊昭宇)に挑み,3勝4敗で敗れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さかた‐えいお〔‐エイを〕【坂田栄男】

[1920~2010]囲碁棋士。東京の生まれ。昭和36年(1961)から本因坊タイトルを7連覇し、名誉本因坊の資格を取得するなど、多くのタイトルを獲得。「カミソリ坂田」「シノギの坂田」などと称され、一時代を築いた。著書に「坂田一代」など。平成4年(1992)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

坂田栄男【さかたえいお】

囲碁棋士。東京都大森に生まれる。増淵辰子八段に入門。本因坊戦7連覇で本因坊栄寿と号した。二十三世本因坊。呉清源と並んで昭和の最強棋士とされ,カミソリ坂田と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田栄男 さかた-えいお

1920-2010 昭和-平成時代の囲碁棋士。
大正9年2月15日生まれ。昭和4年増淵辰子に入門。10年初段,30年9段。36年本因坊となり(号は栄寿),以後7連覇。38年名人位を獲得し,碁界初の名人本因坊となる。切れ味するどい棋風で「かみそり坂田」とよばれた。タイトル獲得数は64にのぼる。53年日本棋院理事長。平成4年文化功労者。12年引退。平成22年10月22日死去。90歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂田栄男
さかたえいお
(1920― )

棋士。東京に生まれる。1929年(昭和4)増淵辰子六段に入門。35年初段、55年(昭和30)九段。47年日本棋院を脱退し囲碁新社を結成したが、49年復帰した。第1期、第4期、第6期最高位。第2期、第3期最強者となる。61年高川格(かく)を破り、第16期本因坊を獲得、栄寿と号し、67年まで7期連続本因坊を保持、名誉本因坊の資格を得る。第2期、第3期名人、日本棋院選手権(9回)、王座(6回)などタイトル獲得数は62を数える。第1期、第2期秀哉(しゅうさい)賞、昭和42年度、47年度最優秀棋士賞(棋道賞)、79年紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章。78年より日本棋院理事長。切れ味鋭い棋風で「かみそり坂田」とよばれる。92年文化功労者。[河野直達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂田栄男の関連キーワード梶原武雄菊池康郎日下包夫高尾紳路増淵辰子安永一山部俊郎依田紀基河野臨結城聡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂田栄男の関連情報