コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田栄男 さかたえいお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂田栄男
さかたえいお

[生]1920.2.25. 東京
[没]2010.10.22. 東京
囲碁棋士。23世本因坊。増淵辰子(8段)門下。1935年入段し,1946年 7段。翌 1947年前田陳爾ら 7棋士とともに日本棋院を脱退,囲新社を結成したが,1949年復帰。1951年の第6期本因坊戦 7番勝負で,橋本宇太郎 9段(本因坊昭宇)に挑み,3勝4敗で敗れる。1955年 9段。1961年本因坊戦に再挑戦し,高川格 9段(本因坊秀格)の 10連覇を阻止して第16期本因坊となり栄寿と号した。1963年藤沢秀行から旧名人位を奪取,選手権制となってから初の名人・本因坊となる(→名人戦)。1964年 7冠を達成,年間成績 30勝2敗の記録を樹立。1965年に名人位,1967年に本因坊を林海峰に奪われた。生涯タイトル獲得数 64。通算成績 1117勝654敗16持碁。1978~86年日本棋院理事長。名誉日本棋院選手権者,名誉 NHK選手権者のほか,引退後名誉本因坊を名のることを許された。1980年紫綬褒章,1990年勲二等瑞宝章を授与され,1992年囲碁界初の文化功労者に選出された。(→本因坊

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さかた‐えいお〔‐エイを〕【坂田栄男】

[1920~2010]囲碁棋士。東京の生まれ。昭和36年(1961)から本因坊のタイトルを7連覇し、名誉本因坊の資格を取得するなど、多くのタイトルを獲得。「カミソリ坂田」「シノギの坂田」などと称され、一時代を築いた。著書に「坂田一代」など。平成4年(1992)文化功労者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

坂田栄男【さかたえいお】

囲碁棋士。東京都大森に生まれる。増淵辰子八段に入門。本因坊戦7連覇で本因坊栄寿と号した。二十三世本因坊。呉清源と並んで昭和の最強棋士とされ,カミソリ坂田と呼ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田栄男 さかた-えいお

1920-2010 昭和-平成時代の囲碁棋士。
大正9年2月15日生まれ。昭和4年増淵辰子に入門。10年初段,30年9段。36年本因坊となり(号は栄寿),以後7連覇。38年名人位を獲得し,碁界初の名人本因坊となる。切れ味するどい棋風で「かみそり坂田」とよばれた。タイトル獲得数は64にのぼる。53年日本棋院理事長。平成4年文化功労者。12年引退。平成22年10月22日死去。90歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂田栄男
さかたえいお
(1920― )

棋士。東京に生まれる。1929年(昭和4)増淵辰子六段に入門。35年初段、55年(昭和30)九段。47年日本棋院を脱退し囲碁新社を結成したが、49年復帰した。第1期、第4期、第6期最高位。第2期、第3期最強者となる。61年高川格(かく)を破り、第16期本因坊を獲得、栄寿と号し、67年まで7期連続本因坊を保持、名誉本因坊の資格を得る。第2期、第3期名人、日本棋院選手権(9回)、王座(6回)などタイトル獲得数は62を数える。第1期、第2期秀哉(しゅうさい)賞、昭和42年度、47年度最優秀棋士賞(棋道賞)、79年紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章。78年より日本棋院理事長。切れ味鋭い棋風で「かみそり坂田」とよばれる。92年文化功労者。[河野直達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

坂田栄男の関連キーワード半田 道玄前田 陳爾梶原武雄前田陳爾

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂田栄男の関連情報