コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本因坊戦 ほんいんぼうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本因坊戦
ほんいんぼうせん

のタイトル戦。選手権者によって本因坊の名跡を継承する。主催は毎日新聞社日本棋院,関西棋院。1936年本因坊秀哉,日本棋院,東京日日新聞大阪毎日新聞の合議により,本因坊家は世襲制を廃し,実力日本一の棋士が名跡を継承することになった。1938年木谷実を相手に本因坊秀哉の名人引退碁が行なわれ,1939年第1期本因坊戦の予選が開始された。1941年,第1期本因坊に関山利一が就位。当初は 1期 2年であったが,1950年の第5期から 1期 1年となった。コミ碁による選手権戦の嚆矢でもあり,1943年の第2期と 1947年の第4期からは 4目半,1975年の第30期からは 5目半,2004年の第59期からは 6目半のコミが採用されている。本因坊獲得者は本名から 1字をとって号をつくる慣例がある。関山(本因坊利仙)以降,2015年の第70期までに橋本宇太郎(本因坊昭宇),岩本薫(本因坊薫和),高川格本因坊秀格),坂田栄男本因坊栄寿),林海峯(本因坊海峯),石田芳夫(本因坊秀芳),武宮正樹(本因坊秀樹),加藤正夫(本因坊劔正),趙治勲,趙善津,王銘琬,張栩,高尾紳路,羽根直樹,山下敬吾,井山裕太が本因坊となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほんいんぼう‐せん〔ホンインバウ‐〕【本因坊戦】

囲碁の七大タイトル戦の一。昭和15年(1940)創設。タイトル保持者とリーグ戦優勝者が七番勝負で決勝戦を行い、勝者が本因坊称号を手にする。連続10期以上タイトルを獲得した棋士は現役で、連続5期または通算10期獲得した棋士は現役で60歳以上に達したときまたは引退時に、名誉本因坊を名乗ることができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の本因坊戦の言及

【本因坊】より

…18世秀甫(しゆうほ)(村瀬秀甫)は奔放な碁風で知られるが,1879年方円社を創設し,権門の庇護を離れた碁を,日本中津々浦々まで広めた功績で高く評価される。21世秀哉(しゆうさい)(本因坊秀哉)は最後の世襲本因坊で,その引退をもって本因坊の名跡は,本因坊位継承全日本専門棋士選手権戦(通称本因坊戦)のタイトルとして生まれかわった。第1期の本因坊戦が開始されたのは1939年のことで,関山利一六段が就任した。…

【本因坊秀哉】より

…26年棋正社との院社対抗戦では雁金準一七段と開幕戦を打って勝ち,また33年呉清源五段との記念対局は新布石勃興時代の先駆けをなし,碁界に新風を吹き込んだ。やがて毎日新聞社が新時代の選手権戦を企画するに及び,秀哉はそれによって本因坊の名跡を継承させようと考えて本因坊戦の創設(1939)を承認し,38年みずから引退碁(相手は木谷実七段)を打った。ここに世襲制の本因坊家は完全に終焉(しゆうえん)した。…

※「本因坊戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本因坊戦の関連キーワード山部 俊郎半田 道玄大平 修三関山 利一永世本因坊加藤 信木谷 実岩本 薫坂井秀至小林礼子村島誼紀加藤信謝依旻名人戦囲碁

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本因坊戦の関連情報