コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基山 きざん

5件 の用語解説(基山の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きざん【基山】

佐賀県基山きやま町と福岡県筑紫野市にまたがる山。西峰は海抜405メートル。基肄きい城があった。

きやま【基山】

佐賀県北東部、三養基みやき郡の町。古来、交通・軍事上の要地。基山きざんに基肄きい城跡があり、荒穂あらほ神社は肥前国第一の大社。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕基山(きざん)


佐賀県北東部の三養基(みやき)郡基山(きやま)町北部、福岡県境近くにあり、脊振(せふり)山地東端の丘陵状の山。標高404m。「きやま」とも読む。7世紀、大宰府(だざいふ)の守りのため山頂に基肄(きい)城が築かれたことで知られる。城跡は国指定の特別史跡。筑後(ちくご)平野の展望がよい。山腹では草スキー行われる

〔佐賀県〕基山(きやま)


基山(きざん)

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

基山
きざん

佐賀県東端の三養基(みやき)郡基山(きやま)町と、福岡県筑紫野(ちくしの)市にまたがる花崗(かこう)岩の山。標高404.5メートル。脊振(せふり)山地東端にある。『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』には「基肄之山(きのやま)」とあり、明治中期ごろまでは坊住(ぼうじゅ)山などともよばれていた。村名を基山としてから「きざん」の呼び名が一般化する。北、西、東峰の3峰などからなり、西峰(404.5メートル)を一般に基山とよぶ。この3峰を結ぶ稜線(りょうせん)内窪地(くぼち)一帯には、7世紀に大宰府(だざいふ)防衛のために朝鮮式山城(やまじろ)の基肄城(きいじょう)(椽城(きのき))が築かれ、その城跡は特別史跡。『万葉集』にも「記夷(き)の城(き)」に登り望遊したときの歌が残る。一帯は脊振北山(ほくざん)県立自然公園(佐賀県)で、山頂から筑紫(つくし)平野を望む眺めは雄大、草スキーでも知られる。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基山の関連情報