コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墓碑・墓標 ぼひぼひょう

1件 の用語解説(墓碑・墓標の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼひぼひょう【墓碑・墓標】

墓碑は死者の名や没年,生前の事績などを記してに立てるもので,石製のほか木製や陶製のものもある。これに対して墓標は,墓地において死者の埋葬場所を標示するものをさし,自然石や加工した石のもの,木製などが多い。しかし墓碑も墓標もともに墓碑と呼んだり,墓石(はかいし∥ぼせき)という場合もあり,石塔を用いたものは墓塔とも呼ぶ。また加工した石材を用いても,立てるのではなく平らに置くものも多い。 死者を埋葬した上に石を置いたり立てたりすることは,旧石器時代以来みられ,墓標として埋葬地を明らかにするとともに,野獣などが遺体を掘り起こすことから守ったり,また死者の霊を鎮め,祭るためにも行われたであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone