コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墓碑・墓標 ぼひぼひょう

1件 の用語解説(墓碑・墓標の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼひぼひょう【墓碑・墓標】

墓碑は死者の名や没年,生前の事績などを記してに立てるもので,石製のほか木製や陶製のものもある。これに対して墓標は,墓地において死者の埋葬場所を標示するものをさし,自然石や加工した石のもの,木製などが多い。しかし墓碑も墓標もともに墓碑と呼んだり,墓石(はかいし∥ぼせき)という場合もあり,石塔を用いたものは墓塔とも呼ぶ。また加工した石材を用いても,立てるのではなく平らに置くものも多い。 死者を埋葬した上に石を置いたり立てたりすることは,旧石器時代以来みられ,墓標として埋葬地を明らかにするとともに,野獣などが遺体を掘り起こすことから守ったり,また死者の霊を鎮め,祭るためにも行われたであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

墓碑・墓標の関連キーワード墓碑銘閻魔帳閻魔の庁死に絵墓標墓碑銘旗誄歌誄詩神道の碑

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone