コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多孔質ガラス タコウシツガラス

3件 の用語解説(多孔質ガラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たこうしつ‐ガラス【多孔質ガラス】

多孔質ガラス。均一なガラスを熱処理によって複数のに分離し、可溶性のガラス相のみを薬品で溶出することで多数の細孔を形成する。ほかの多孔質物質と同じく、気体、液体などの分子やイオンの吸着性が高い。ポーラスガラス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たこうしつガラス【多孔質ガラス porous glass】

バイコール(耐熱ガラスの一種)製造の中間プロセスで得られるガラス。数百Åの連続細孔を含んでいる。まずNa2O‐B2O3‐SiO2系のガラスを溶融し成形する。次いでこれを600℃程度で熱処理をすると,分相現象が起こって2種類のガラス相に分離する。一つはSiO296%からなる高シリカ相であり,他はNa2O‐B2O3成分を多く含む相である。後者は化学的安定性が低いので酸で処理をすることによって取り除くことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多孔質ガラス
たこうしつがらす
porous glass

熱処理によって、均一なガラスが二つ以上の相に分かれる分相現象を利用してつくられるガラス。分相によって生成した第二相を、硫酸や塩酸などで溶かすと、その部分が空隙(くうげき)となり、数ナノメートル~数マイクロメートルの無数の連続した細孔をもつ多孔質ガラスを得ることができる。細孔表面積は最大数百平方メートル/グラムと大きく、熱処理条件を変えることによって、希望の細孔径や細孔表面積をもった多孔質ガラスを得ることが可能である。また、無機材料であるため、有機質材料と異なり、細菌に侵されることがない。これらの特長を利用し、細孔表面をイオン交換樹脂で修飾することで同位体の分離に利用したり、特定の酵素を担持することでバイオリアクター(生物反応器)として応用されている。[伊藤節郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多孔質ガラスの関連キーワードグラスウール耐熱ガラスペアガラスパイレックスパイレックスガラスガラストップコンロ断熱ガラスバイコール岡本硝子ハリオ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone